*** ご挨拶 ***

  熊本県ジィー・アイ・エス研究会も2001年(平成13年)に誕生して、
 丸17年を迎えさせて頂きました。
 これもひとえにご支援を頂いた皆様方のおかげだと感謝しております。

  当初の2年間余りは目立った活動を抑え、
 技術者のさらなる教育及びGISに関する総合的な研究を行い、
 熊本県の発展に少しでも協力ができるようにと、日々の努力を重ねて参りました。
 その間にも県内の町役場において、実業務を受注させて頂きましたので、
 会員各社の知識や技術力も大幅に向上したものと確信しております。

  2002年度からは「森林GIS」に着目して、森林情報の種類等の調査や各方面への相談を行い、
 2005年2月に地球温暖化防止条約である「京都議定書」の発効によって、県内は元より、
 県外でも森林GISのデモンストレーション等を行いながら、熊本県内17組合中の14の森林組合様や
 森林組合連合会様への導入も行うことができました。

  2008年度からは、熊本大学や九州測量専門学校(熊本市)、鹿児島大学などとの意見交流を始め、
 「くまもとGISクラブ」とのワークショップや共同発表会の実施、NPO法人「かごしまGIS・GPS技術
 研究所」(KINGGT)、NPO法人「くまもとITまちづくり委員会」などとの交流を行いながら、
 見聞を広げております。

  まだまだ目立った活動は行っておりませんが、熊本県や九州のためにも、もっと身近で比較的
 安価なGISの構築のご紹介や生きた活動を行っていこうと考えておりますので
 これからも宜しくお願い申し上げます。

 2018年度、満17歳からの『協同組合 熊本県ジィー・アイ・エス研究会』にご期待ください。

                                  理事長  内 田 貴士